レモン鍋やってみました

40歳からのたるみ解消!
顔ヨガポーズと顔くせを知ると、自分最高の笑顔になれる!
大阪堺市の顔ヨガ教室「かのん」顔ヨガインストラクターの竹内美代子です。


少し前にFacebookの投稿で見かけたレモン鍋

どんなの?
すだち蕎麦みたいな感じ??

と興味しんしん。

酸味は好きなので多分気にいるだろうし、
国産レモンがたくさん手に入ったのでレモン鍋にさっそく挑戦。
お鍋のレモンパックや~
o0480036013284176762
見た目が良いですねえ。
食べ方の注意にひつこく入れてると苦味が出る、
とあったのでそこは注意しました。
色んな作り方あるかと思いますが今回は
出汁をとる
具材をいれる
(豚肉使ったのでアクをとる)
レモン投入
食べ始めて、酸味をチェック
すぐはあまりわかりませんが、ものの5分ほどでレモン風味が❗️
そこですぐにレモンを取り出してあとはそのまま食べる。
2回目具材を投入したら
また新たにレモン投入
酸味はすぐ感じたのでレモンは早々に引き上げました。
なのに、なのに、
煮詰まってくると苦味が出てきましたよ、
熱で変化するのでしょうか。
アロマテラピーでもレモン精油があるので、レモンの成分はどう変化するんだろ?て気になりました。
ちょいとぐーぐる先生にきいてみたら
そうなの?!てびっくり記事発見。
要約ですが
『レモンに含まれるエリオシトリンという成分は
血液サラサラ効果→心筋梗塞や脳梗塞脳梗塞予防
腸での脂肪吸収を抑える→ダイエット
と嬉しい効果があり、
一番有効な摂取方法は加熱すること。』
なんと!
レモンを加熱して取るなんてまずあまりないよ
その文献ではレモンご飯おすすめしてましたが、、
てことは、レモン鍋いいんでない?!
※参考リンクはこちら

シェアする

フォローする